「干渉駆動アルゴリズム」を用いることで、ワイヤー牽引により生物のようになめらかで力強い動きを可能にします。

この動画では1.5Kgのブロックを片手でらくらくつかむことが可能です。

触手話で利用されているコンピュータープログラミングによる動きをこらんいただけます。寄りそっても安全な動作を実現します。触手話(触読手話)話し手が手話をし、盲人者がその手(手話)に触れて伝える方法です。